読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この階段を登ると…2階(当たり前)

脱・真面目、適当を目指して。

【本の感想】海岸列車(宮本輝)

宮本輝、はじめて読みました。

女性だとばかり思いこんでいたら、男性だったんですね、宮本輝とは。

 

先日、初めて山崎豊子女系家族を読んで良かったので、今まで読んだことのない新しい作家さんに挑戦してみようと思って、手に取りました。

 

The first impression(第一印象)(英語は不得意です)で決めました。

 

予感は当たっていました。大当たりです。
自分のカンを信じて良かった。

 

この本の中には、想像以上に深くて豊かな世界が広がっています。

 

伯父に育てられた兄妹の伯父が亡くなってからを、3人の視点からお話がすすんでゆきます。

人物の描き方が細やかで、心の動きが繊細に描かれています。

自分達を捨てた母親への感情、他人との距離感、死がもたらす生…ゆっくりと味わって読みたい1冊です。

ですが、先が知りたくて一気読みしてしまいました。

 

もっといろいろ読んでみよう。

早く図書館に行きたくてウズウズしています。

f:id:asakatsu_sagamiono:20160519190547j:plain

f:id:asakatsu_sagamiono:20160519190556j:plain