読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この階段を登ると…2階(当たり前)

脱・真面目、適当を目指して。

【本の感想】百人斬り裁判から南京へ(稲田朋美)

向井敏明少尉と野田毅少尉が軍刀に手をついて並んで立っている。この二人の少尉は、昭和十二年、シナ事変での南京攻略戦においてどちらが先に日本刀で一〇〇人の中国人を斬り殺すかという殺人競争をした「虐殺実行犯」として、その罪で敗戦後、南京軍事裁判にかけられて銃殺刑に処せられた。

(略)

向井敏明少尉の遺書

辞世

 我は天地神明に誓ひ捕虜住民を殺害せる事全然なし。南京虐殺事件等の罪は絶対に受けません。死は天命と思ひ日本男子として立派に中国の土となります。然れ共魂は大八州島に帰ります。

 我が死を以て中国抗戦八年の苦杯の遺恨流れ去り日華親善、東洋平和の因ともなれば捨石となり幸です。

 中国の御奮闘を祈る

 日本の敢奮を祈る

 

 中国万歳

 日本万歳

 天皇陛下万歳

 死して護国の鬼となります

十二月三十一日 十時記す 向井敏

 

野田毅少尉の遺書

死刑に臨みての「辞世」

 此の度中国法廷各位、弁護士、国防部各位、蒋主席の方々を煩はしましたる事に就き厚く御礼申上げます。

 只俘虜、非戦闘員の虐殺、南京屠殺事件の罪名は絶対にお受け出来ません。お断り致します。死を賜はりましたる事に就ては天なりと観じ命なりと諦めて、日本男児の最後の如何なるものであるかをお見せ致します。

 今後は我々を最後として我々の生命を以つて残余の戦犯嫌疑者の公正なる裁判に代へられん事をお願ひ致します。

 宣伝や政策的意味を以つて死刑を判決したり、面目を以つて感情的に判決したり、或は抗戦八年の恨をはらさんがため、一方的裁判をしたりされない様に祈願致します。

 我々は死刑を執行されて雨花台の散りましても貴国を怨むものではありません。我々の死が中国と日本の楔となり、両国の提携の基礎となり、東洋平和の人柱となり、ひいては世界平和が到来する事を喜ぶものであります。何卒我々の死を犬死、徒死たらしめない様に、それだけを祈願致します。

 中国万歳

 日本万歳

 天皇陛下万歳

野田毅

愕然とするおもいである。

なぜ、今まで知らなかったのだろう。

 

人間ならば、日本人なら特に、心動かされない人はいないとおもう。

 

もしも私が冤罪によって明日にも命を失おうとしている立場だったとしたら、この二方のようなおもいに至れるだろうか?

 

今、生かされている私たちは、二方のおもい・死にこたえるような生き方をしているだろうか?

 

それに、このような遺書を書く人が、いわれているようなことをするとは思えない。

それが私の素直な感想だ。

 

学校で嘘は教えない、とは限らない。

この遺書を読んでもらうことが一番の教育ではないのかとおもう。

 

このようなおもいで死んでいった二人に、一番後ろ足で砂をかけているのは、同じ日本人ではないのか。

知らずにいた私ではないのか。

 

稲田さんの純粋なおもい、遺族の方々のおもいにも心打たれる。

 

私に何かできることはないだろうか。

それで、ブログである。

 

もしも、共感して、この本を読もうとおもってくれるひとがいたら嬉しい。

まずは知る事、そこから何を学んで、どう活かしていくかが大切なんだとおもう。

f:id:asakatsu_sagamiono:20160930180355j:plain

Amazonより写真引用)