この階段を登ると…2階(当たり前)

脱・真面目、適当を目指して。

寂しさの攻略法

苦しい苦しい苦しい9月。


昨日の夜はあまりに寂しくて、ほとんど眠れませんでした。
あまりに心が辛くて、疲れている母にマッサージしてもらってようやく眠れました。
甘ったれてますね。
子供か! と読んでくださっている皆様に代わって自分で突っ込んでおきます。

頭を壁にガンガン打ちつけておきます(←そこまでは求められてない)。

 

寂しさの先に、怨みがあります。
もうほとんど修羅鬼畜に近いですね、心情は。
クレイモアでいう、あのギリギリライン。
あのマンガ、そういう気持ちをすごいよく表していると思います。

 

すべて求める気持ちがあるから故と、今朝、目が覚めました。


求める気持ちが少しでもあれば、辛くなる他ないのだと。


ここは、自分に厳しくすべきところであったと思いました。

 

甘かった。


誰も助けてくれない。

むしろ、実際のところ、助けられないのですがね。

 

誰も助けてくれなくて、良かった。

 

私も、ここで仮染の満足を得ても仕方ないと思いました。
いや、本当はずっと分かっていたのです。


けれど、誰かに縋りたいという欲に勝てませんでした。

愛がほしいよ~ばぶばぶとやっているわけです。

 

甘えていたのですね、周りにいてくれるみんなに。
みんな優しいのですよ。

 

今回は意地でした。


結果として良かったのかな?
意外です、私としては。
だって動機が恨みなんだもん。
こんなんじゃ何もかも上手くいかないとおもったんですよ。

 

でも、なんか、突き抜けたのかも。

お母さんに感謝のほかよりない。

 

そして、この拙いブログを読んでくださっている皆様のおかげなんです。

心より感謝申し上げます。

この端末の向こうにいる目に見えない皆様。

本当はいつも支えられていたのは私だったんですね。。。

ありがとうございます。

 

 

こういう感覚ははじめてです。

すごく不思議な気持ちです。

 

求める気持ちがスッとひいていき、安寧が訪れました。

 

まあ、また何回も求める気持ちになるんでしょうが。気づいてないとこばかりなのでしょうが。

でも、今日この経験ができて良かった。

 ジェットコースターライフ。