この階段を登ると…2階(当たり前)

脱・真面目、適当を目指して。

母という存在が真逆に変わった件

今日のセルフ・ヒーリング実践研究会主催のわくわく「氣」ランドの授業の中で。

四コマ漫画のイラストを見て、おのおのストーリーを考えるというコーナー(?)がありました。

 

私の作ったストーリーは。

 

男の子が散歩中、迷い子犬を見つけました。

お母さんを探してあげようと見回すと、犬の行列が。

あ、あそこにいるかもね?と駆け寄って、先頭の犬に、この子のお母さんですか?と聞きました。

犬は、そうです!はぐれてたのも気づかなかったわ。ありがとうございます。と答えました。

男の子は思いました、この子はきっとすごいどんくさくて、またはぐれるだろう。

そこで男の子はお母さん犬にいいました。

今日は僕がこの子を乳母車に乗せてお家まで送って行きますね、と。

終わり。

 

という話でした。

 

母犬はうちのお母さんの投影。

はぐれ犬は私。

なんだなと作ってから思いました。

 

 

そして。

教室が終わってから、母といろいろと話していて。

 

子どもが小さかった時の話を、前にも何度か聞いていた話を、また聴いただけなんですが。

 

私は、

母が後ろをふり向いて存在を確かめないのは、愛がないからだ、と思っていました。

関心がないのだ、子どもがたくさんいるから一人くらいいなくなっても分からないだろう、と思っていました。

 

だけど、違うって事が、理解できたのです。

 

そう、全く違ったのです。

 

母は、前だけを向いて必死に外敵から子ども達を守っていたのだと。

必死すぎて後ろを振り向く余裕などなかった。

 

関心がなかったわけでも、

愛がなかったわけでも、

なんでもない。

 

逆なんだ。

 

いろいろなものに、体を張って立ち向かっていてくれたのが、母だったのだ。

子ども達がちゃんとついてきてくれていると信じて。

 

自分の心の汚さを呪いたい。

私が愚かだっただけなのだ。

またまた母には心底謝らねばならない。

言葉にすると陳腐になってしまうのがもどかしい。

 

だけど、やっと、何かの端を掴めた気がしました。

私を変える、何かの。

 

つくづく自分が嫌になった

つくづく自分が嫌になった。

そういう心境です。

 

生きている価値はないとおもう。

そういう心境です。

 

私は自分が嫌いなんだ。

愛がない自分が。

小さい自分が。

心ない自分が。

 

がんばってもむだだ。

どうせゾンビのような生き方しかできない。

 

そう声がきこえる。

 

だけど、

(私はどうしたいのだろう)

と自分に問いかけてみる。

 

ここで腐るわけにはいかない。

 

がんばってもむだになるかもしれない。

ゾンビのような生き方しかできずに死んでいくのかもしれない。

 

だけど、

私がどうしたいのか?

が大事なのだ。

と、教室で教わっている。

 

「私はどうしたいのか?」

という言葉を今使わずにいつ使う?

今でしょ(古)

 

しょっちゅう、というか、四六時中死にたいと願っていた私が

死にたいと思わなくなってきている。

 

パラレボ理論を学び続けていると、なんだかそういうことになる、私の例でいけば。

 

何かあるたびに、自ら深い谷底に飛び降りて、腐り果てていた私が。

 

なんかちょっと違った心持ちになれるみたいだ。

 

つくづく自分が嫌になっても、、、

心の底からパワーが湧いてくるようになる。

貧弱なパワーだけど、よい。

以前の私よりずっと良い。

手料理は愛なのか

手料理は愛なのか

ある家族の映画で、食べているシーンがよく出てきて、それもコンビニ弁当ばかりを食べている家族でした。

その感想の中に、
「手料理は愛」という声を聴きました。
本当は違うことを言っていたのかもしれないけど、私にはそう聞こえたのです。

 

その瞬間、不快な感情がグワッと起きあがってくるのを感じました。
手料理は愛なんかじゃない! と。

これは……! 私の中に何かある!
知りたい……。なぜなのか?

分かるのは、母の手料理に対して恨みがあること。


というのも、
母には食に対する強いこだわりがありました。

 

基本手作り。
食品添加物は毒。
ご飯できたと言ってから2時間くらい待たされる。
無農薬、無添加バンザイ。

本格インドカレー(激辛&サラサラ)。
皆が食べてるようなお菓子やジュースなどは毒だから食べちゃダメ。

 

 

それに対して私は、

そんなの求めてねーし。
早く食わせろ、うまいもん食わせろ。
なんでうちだけ。
母は子どもの気持ちが全然分かってない。

一方的押しつけだ。

自己満足だろ

 

と、思っていたのです。


「手料理は愛」と聞いて、
なぜ不快な感情が出てきたのか、それ以上は考えても分からなかった。


次の日、歩いてる時、ふいに、私は誰かに手料理を振舞うって事、した事あったかな? と思いました。

私はびっくりしました。

ほとんど無い……。

だから分からないはずだよ、手料理を振る舞う方の気持ちが。


想像してみました。

 

もしも、私が、誰かのために、心を込めて作った料理を、

価値観の押しつけだ
そんなの求めてない

と言われたら。

 

相手の立場に立つことができなかった私。


そもそも、
相手に求める前に、
相手を糾弾する前に、


自分はどうなんだよ?


私は相当ヒドイ事をずっと母に思っていたのだとおもいました。

母に謝ろうと思う(心の中で)( ←ちゃんと伝えなよ)。

それから、「手料理を振る舞う的な行動」をしてみたいと思います。

手料理は愛なのか?

その答えを探して。

 

気づくチャンスをくれた教室に感謝して。 

それから、手料理を作って育ててくれた母に感謝して。

おばあちゃんに優しくできるのはなぜ

 

最近、おばあちゃんに優しくできる私がいます。

なぜなの。

ずっとずっと祖母不孝な私でも、少し、優しくできるようになりました。

 

なんか、もう長くない、残された時間は少し、と思うと、

今おばあちゃんの心と会話しなかったら、きっと後悔するし、

今なんにもできてないけど、せめて関わる時だけは。

 

明日もあるって思っていました。

だから、イライラしたり、ムカついたりすることもたくさんありました。

 

でも、明日はもうないかもしれない。

とひしひしと思うようになって。

 

おばあちゃんの心の安定のために、なんでもとりあえず肯定したいと思って関わるようになりました。

 

「明日がくる」と思う心が、毎日を丁寧に過ごせない一因と、すごく思いました。

 

明日がくると思うのも、だからと言っておばあちゃんとちゃんと向き合わないのも、私はなんて傲慢なんだろうと思いました。

 

このままではまだ後悔する。

 

私に明日はこない。そういう風に思って「今日」を過ごせるように、自分改造していきたいと思います。

それが後悔しない生き方なのかな。

 

教室(セルフ・ヒーリング実践研究会・わくわく氣ランド)で、当たり前はないんですよ、と教えていただいている事が、少し分かった気がしました。

 

ずっと教えていただいているのに、

遅いよね。。。

 

でも、教わっていなければ、それすらも分からなかったんだろうな。。。

 

教室と、おばあちゃんから教わったこと、大事にします。

 

パンクな寝方

うちの97歳の祖母の寝方がパンクです。

 

ベッドを使っているのですが、そんな寝方ありなんだ?!と、ある意味衝撃を受けます。

アナーキーです。

 

ベッドというのは長方形ですよね?

 

通常の寝方から、90°回転してみてください。

はい。

それです、その寝方。

 

足がはみ出してますからね。

 体、だいぶ折りたたんでますけど苦しくないのかしら。

 

でもいいんだって、それで。

 

誰よりもパンクでしょ。カッコイ~\(^o^)/(笑)

 

メディアに振り回されないコツ

メディアは

報道しない自由とかいう訳の分からんことを言って、

自由自在に切り取って、好き勝手していますね。

到底まるごと信じることは危険。

それならば何を信じるのか。

 

パラレボ理論を教わる中で、

動機を見ていく、ということを教わりました。

※ これはただ私個人のとらえるところのところで書いています。

 

政治家と私の関係は、信じられるか信じられないか、ただそれだけであると、感じたことがありました。

 

ご本人の書かれた著書を読む、国会での発言(YouTubeなどで確認)、演説の確認(YouTubeや実際に足を運ぶ)など、『事実の確認』を自分ですることによって、

 

この方の信念を信じられると思ったら、それで良くなるので、どんな報道がされようと、振り回されずにいられるのです。

それは結局、自分を信じられるか、信じられないかということでもあるのですが。

 

それから、誰が得をするのか? を考えることです。

そして、必ず反対勢力が存在している、その力が働いているということを意識することです。

 

3.11の時、『工場が燃えて毒ガスが拡散されているから雨が降ったら危ない』というチェーンメールが流されたことがありました。

恥ずかしながら私もまんまと乗ってしまい、友人数人に送ってしまいました。

恐怖を煽られ、いいことをしているつもりで送りました。

間違っていたことは、『事実確認』をしなかった、という点です。

それから、『恐怖を煽る』ものの動機に思いを馳せなかった点です。

チェーンメールを流したことによって、私は友人を恐怖に陥れるという悪事に加担してしまいました。

 

痛い経験ですが、事実確認ということの大切さを学びました。

これだけで世の中いろいろな悪意を避けることができるようになりました

 

そして大事なのは動機です。

国のことをやっているのに、自分のためにやっていたらお話になりません。

 

残念で反省すべきことですが、私もほぼ自分のためにしか生きていないので、共感出来ます、自分の保身のためにやっちゃうことが。自分が認められたいがためにやっちゃうってことが。

 

振り回されないコツは、事実確認動機を意識することの2つと思います。

と思ってもなかなかできないんですがね。

気が付くと振り回されてる日々です。

 

今回の、もりとも・かけがくえん、日報問題で、より強く思いました。

稲田元防衛大臣には心よりの感謝をしたいです。

認知症ラプソディ シーツの中に入り込む

おばあちゃんがゴソゴソ何かやっている。

ん?と見に行くと、、、

シーツを剥がして、その中に入り込もうとしている97歳。

 

私:

おばあちゃん、それシーツだから、中っていうより、上に乗る方のやつ。

 

おばあちゃん:

ここに入りなさいよ。

 

私:

え?

 

おばあちゃん:

早く!(枕を持ち上げて)ここに入ればいいじゃない。

 

私:

それは入れないかもしれない。

 

おばあちゃん:

入ればいいのよ、入りなさいよ。

 

私:

分かったけど、とりあえずベッドから降りてくれますか。

シーツ直すから。

 

おばあちゃん:

私は端っこにいるんだから、ここに入ればいいじゃない。

 

私:

おばあちゃんが降りてくれないと、入れないよ。

お手数ですけど、降りれますか。

 

おばあちゃん:

なんでよ。私を乗り越えていけばいいじゃないのよ。

 

私:

いや、それはできないし、そもそも一人用ベッドだからね。

とりあえず降りようか。

 

という繰り返しを延々とした挙句、なんとか立ち上がってもらい、

(母が)シーツを直し、ようやくご就寝。

 

あーあー。

 

どうしたらいいのかね?

全然わかりません。

 

とりあえずネタになったから良かった(良かったのか?!)