この階段を登ると…2階(当たり前)

脱・真面目、適当を目指して。

私と母 6

母と銀座に作品展を観に行く約束をしたのですが、体調が悪いままで、どうにもこうにも行けそうになく、気力だけではどうにもならず、母にキャンセルのメールを入れました。

そうしたら、作品展に行ったあと、家に来てくれる、と言ってくれました。
なにか必要なものあるかというので、食料を買ってきてほしいとお願いしました。
具合が悪く、買い物もままならなくなっていたのです。

家に来てくれた母は、鶏肉と野菜でスープを作ってくれました。

親とはありがたいな……と感じました。

スープを美味しく食べたあと、、、
私は母に産んでくれてありがとうと伝えようと心に決めていたのでいつ言おうと少し緊張もしていました。

そして、ぐずぐずとしつつ、今言わんでどうする?! 今でしょ!
「ママ、産んで育ててくれてありがとう」
と言いました。

母は、
何今すぐ死ぬみたいなこと言って、、、!
などと言っていました。

喜んでくれたのかは分かりませんが、とにかく
産んで育ててくれた事実を持って、ありがとうございます、という気持ちはあったので伝えました。

例え今死んだとしても後悔することがひとつ減ったと思いました。
子どもとして当然やるべきことかもしれませんが、私なりの親孝行のひとつでもありました。

母との関係をよくしたかったのは、
母との関係性が、私の人生に大きく影を落としているという感じがずっと今までしており、でもそれをどうすることもできませんでした。

そのどうすることもできなくて苦しんでいたことを、改善できる方法を、今、教えてもらったのです。
やらんわけにはいかん!でしょ。
誰のためでもない、自分のためです。

しかし、1回くらいありがとうと言ったからといって、もちろん、私の中の恨みが消えるわけではありません。
コツコツ関わることが必要でした。

わくわく「氣」ランドの教室は、月に9回あって、全部行ってもいいし、1回でもいいし、行かなくてもいい、自由なところでした。
私はすっかりトリコでした。

だって、面白すぎて。
なにげに疑問に思ってたことが、あれもこれも、納得がいく。
なんでもない日常が生きてくる。

今までどこでも聴いたことのない、全く新しい、しかも予想外の。
でも、いろいろなことがだからなんだ、と納得せざるを得ない、事実を持って。


ただ、生きていることが面白い。楽しい。

生まれてきて初めてでした。
こんなに楽しいと思ったのは。
ただ、息をしているだけなのに、楽しい。

なぜか、それは意味があるからです。
なにが起こっても、どんなことをしても、意味があるのです。
存在目的に向かって存在していなければ、すべてのことは無意味で無価値で無意義なのです。
そういう人生でいい人はそれでいいんだとおもいます。それもひとつです。

私は無意味で無価値で無意義なのだったら、死んだ方がいいな、って思っていましたし、
生きる目的に向かわなければどこに向かってどう生きたらいいのか分からなかったのです。
人生の目的を教えてもらったことは、私のものの見方を大きく変えました。
そして、私のいろいろを整えてくれました。

大事な事、どうでもいい事がわかるようになりました。
それだけでもスッキリです。


そういう楽しい中で、母との取り組みをしつつ、病への取り組みも並行していました。

この病の件も、母との関係性と大いに関係があるのです。
それは、ずっと後に分かることになります。

さて、とりあえず目の前にある病を片付けなければなりません。

5か月ほど37~38度台が平熱となって、下痢、血便が日常となっていました。
お腹の痛みで眠れないこともしばしばでした。


教室で、存在するすべてのものには存在目的があります、と教えていただきました。
ということは、病にも、目的があるのです。


続く


私と母1asakatsu-sagamiono.hatenablog.com

私と母2asakatsu-sagamiono.hatenablog.com

私と母3asakatsu-sagamiono.hatenablog.com

私と母4asakatsu-sagamiono.hatenablog.com

私と母5asakatsu-sagamiono.hatenablog.com